メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

師弟で目指す2020

全日本実業団対抗女子駅伝/下 「量」より「質」、練習革命 森川賢一監督/ヤマダ電機の選手たち

竹地志帆(左から2人目)、西原加純(同3人目)らを指導する森川賢一監督(左端)

 高校、大学、実業団で指導者が変わることが当然の日本陸上界で、約10年と異例の長期指導で力を付けているのがヤマダ電機の選手たちだ。森川賢一監督(58)は、高校教員を経て、佛教大を全日本大学女子駅伝2連覇に導いた。2012年からヤマダ電機の監督になると大学の教え子らが集まり、駅伝日本一と五輪代表の誕生が手の届くところまで来ている。

 京都・桂高から10年以上、森川監督に指導を受ける森唯我(ゆいか)主将(28)は「しんどい、厳しいが…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文900文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. WEB CARTOP 夏の家庭用エアコンの適正温度は28℃! クルマにも適正温度はあるのか?
  5. 富山・集団暴行 強制性交等容疑の男性8人全員を不起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]