メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マンション

「管理組合なし」671棟 老朽化、修繕困難

築30、40、50年以上のマンション戸数

自治体が独自調査 治安や防災上の懸念を

 老朽化が進む一方で管理がままならないマンションが増えている。毎日新聞が都道府県や人口20万人以上の市区など計178自治体にアンケートしたところ、過去5年間で49自治体が分譲マンションの実態を独自に調査し、所有者でつくる管理組合すらないマンションが少なくとも671棟に上ることが分かった。老朽化の目安の一つとなる築30年以上のマンションは今後10年で倍増すると見込まれ、回答した自治体の約8割が「管理不全マンション」の急増で治安や防災上の懸念を抱いている実態が浮かんだ。

 管理組合は、区分所有法で設置が定められている。マンション内のルールを決めたり、管理費や修繕費を各所…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1275文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです