メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライフスタイル

ファンタビと英語が同時に学べる! 学研キッズネットがファンタスティックな特設サイトをオープン

情報提供:GetNavi web

11月23日より全国公開がはじまった「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(以下:ファンタビ)。「ハリー・ポッター」の新シリーズである同作は、奇想天外な新しいストーリーと新しい主人公、そして誰も見たことのない新しい魔法が目の当たりにできる、今冬注目の劇場公開作です。

20161125-a02 (5)

ファンタビの公開を記念して、学研プラスが運営する「学研キッズネット」では本作の特設サイトをオープンしました。作中に登場する魔法動物(ビースト)たちを紹介しているほか、子どもでも簡単に英語が学習できるコーナーも用意。ファンタビのことを知りながら英語の勉強もできてしまう、1度で2度おいしいサイトになっています。

 

6種類のビーストたちの素顔が明らかに!

20161125-a02 (4)

「ファンタビはこんなお話!」のコーナーでは、シリーズ初登場となるビーストたちを解説付きで紹介。「二フラー」をはじめとした、6種類のビーストたちのアクションや表情を見ることができます。

 

難易度別の3つのクイズを用意!

20161125-a02 (3)

「ニュートといっしょに まほうの英語をクイズでマスターしちゃおう!」のコーナーでは、作中のシーンから英語の問題をクイズ形式で出題。レベルは「初級編」「中級編」「上級編」の3つで、いずれも小学生・中学生の学習に最適なレベルに設定されています。見事に全レベルをクリアすると、<魔法使い>認定証がもらえるとのこと。

 

英語の勉強ができつつ、話題のファンタビの概要まで知ることができる「学研キッズネット」の特設サイト。他にも、学研キッズネットには、小学生・中学生たちが楽しくインターネットを体験できるさまざまコンテンツを用意しているので、ぜひ活用してみてください。

 

【URL】

「学研キッズネット」ファンタビ特設サイト https://kids.gakken.co.jp/beast/

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. 福岡4人水死 「離岸流」原因か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです