メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心のかたち

介護負担増、募る不安 改正素案、「現役並み」狙い撃ち

 25日示された、2018年度の介護保険制度改正にむけた厚生労働省による素案は、現役並みの所得のある高齢者の負担増など政治的に抵抗が少ないところを狙い撃ちし、要介護度の軽い高齢者への負担増は盛り込まれなかった。しかし、軽度者のサービスを抑制する方向性は示されており、利用者らの不安は尽きない。75歳以上人口がピークを迎える25年に向け、サービス給付と負担の見直しは今後も続く。【有田浩子、堀井恵里子、阿部亮介】

 「また負担が増えたら余裕がなくなる」。千葉県佐倉市で、認知症で要介護5の夫(76)を介護する女性(…

この記事は有料記事です。

残り2184文字(全文2439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです