メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国軍

爆撃機など6機が宮古海峡上空を通過

 防衛省は25日、中国軍のSU30戦闘機2機やH6爆撃機など6機が25日午前、沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。領空侵犯はなかった。中国軍戦闘機とみられる航空機は9月にも同じ空域を通過しており、防衛省は飛行の目的を分析している。

     防衛省によると、H6爆撃機など4機は先島諸島の南側の太平洋を東に向けて飛行。一方、SU30戦闘機は宮古海峡上空を東シナ海から太平洋に向けて南東方向に通過。その後、6機とも方向を変え、宮古海峡上空を通過した。【町田徳丈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 奈良・安堵 町議「股裂き刑したい」ヘイト投稿
    2. 靖国神社 徳川康久宮司が退任へ 「一身上の都合」と説明
    3. 館林死体遺棄 時効まで1年 捜査阻む事情知る?女性の死
    4. 茨城県警 衣装ケースから遺体発見 一部白骨化 水戸
    5. WEB CARTOP ドライバーはココが気になる! 同乗者にやめてほしい行為7選

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]