メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国軍

爆撃機など6機が宮古海峡上空を通過

 防衛省は25日、中国軍のSU30戦闘機2機やH6爆撃機など6機が25日午前、沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡上空を通過し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。領空侵犯はなかった。中国軍戦闘機とみられる航空機は9月にも同じ空域を通過しており、防衛省は飛行の目的を分析している。

     防衛省によると、H6爆撃機など4機は先島諸島の南側の太平洋を東に向けて飛行。一方、SU30戦闘機は宮古海峡上空を東シナ海から太平洋に向けて南東方向に通過。その後、6機とも方向を変え、宮古海峡上空を通過した。【町田徳丈】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京入管 腹痛男性への診療放置 20時間「容態観察」
    2. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
    3. ヒョウモンダコ 猛毒 「絶対に触らないで」 長崎・諫早
    4. 和歌山妻殺害 容疑で逮捕の夫、不倫相手との新生活望む
    5. セクハラ疑惑 「この期に及んで否定とは」週刊新潮編集部

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]