メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

王将戦

挑戦者に久保九段 羽生がリーグ陥落

 第66期王将戦リーグ(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)は25日、東京・将棋会館で最終局3局が指され、単独首位の久保利明九段(41)が深浦康市九段(44)に勝って5勝1敗となり、郷田真隆王将(45)と七番勝負を戦うことになった。久保は第59期、第60期に王将位を保持。失冠した第61期以来5期ぶりの王将戦七番勝負登場になる。郷田は3連覇を目指す。七番勝負第1局は来年1月8、9日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で指される。

 最終局は、久保-深浦、糸谷哲郎八段(28)-渡辺明竜王(32)、羽生善治王位(46)-豊島将之七段…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです