メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多陥没

事故現場が再び沈下 全面通行止めに

道路が沈下し、通行止めになった道路=福岡市博多区で2016年11月26日午前3時16分、野田武撮影

 福岡県警博多署に入った連絡によると、26日未明、福岡市博多区博多駅前2の道路の路面が沈下し、同日午前1時45分ごろから周囲の道路が全面通行止めになった。けが人はいない。原因を調べている。

 沈下したのは、8日にJR博多駅前で発生した大規模陥没事故の現場と同じ場所とみられる。事故後、道路は既に埋め戻されており、沈下はしたものの穴はあいていない。

 沈下は数センチにとどまり、一見しただけでは沈下の程度は分からない。しかし、現場を訪れた近くの専門学校生、海田勇樹さん(19)は「再び通行止めになるのは困る。よく通る道なので、安心して通れるようにしてほしい」と話した。【吉住遊】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本社世論調査 裁量労働制の対象拡大「反対」57%
  2. 御堂筋線なんば駅 16キロ分天井ボード落下 漏水原因か
  3. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
  4. 平昌五輪 和やかなフィナーレ 閉会式、選手77人参加
  5. 裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]