メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『読書と日本人』=津野海太郎・著

 (岩波新書・929円)

人間が手放せない本の楽しさ

 わたしたちは、本という存在が不思議なものだとは思わない。食事をすることが当たり前なように、本を読むことが当たり前だと思っている。そして、本を読むことが基本的にいいことだと思っている。

 しかし、本および本を読むことについての本である、本書『読書と日本人』の著者津野海太郎(かいたろう)に言わせれば、そういう常識が定着したのは、識字率がめざましく向上し、大衆が読者層の基盤を支え、それにつれて出版点数も増加していった、「読書の黄金時代」である二十世紀に入ってからの現象であるという。あとがきによれば、本書はまず「二十世紀読書論」として構想され、その黄金時代にわたしたちの読書生活にいかなる変化が生じたかを、グローバルな規模で歴史的に論じるつもりだったとか。その構想を練る過程で、「日本」の読書の歴史をつかむことが問題として浮かび上がってきたのだという。

 本書はその言葉どおりに、「本はひとり黙って読む」ものであり、しかも「じぶんの部屋で」という習慣が、…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1434文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]