メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

若島正・評 『読書と日本人』=津野海太郎・著

 (岩波新書・929円)

人間が手放せない本の楽しさ

 わたしたちは、本という存在が不思議なものだとは思わない。食事をすることが当たり前なように、本を読むことが当たり前だと思っている。そして、本を読むことが基本的にいいことだと思っている。

 しかし、本および本を読むことについての本である、本書『読書と日本人』の著者津野海太郎(かいたろう)に言わせれば、そういう常識が定着したのは、識字率がめざましく向上し、大衆が読者層の基盤を支え、それにつれて出版点数も増加していった、「読書の黄金時代」である二十世紀に入ってからの現象であるという。あとがきによれば、本書はまず「二十世紀読書論」として構想され、その黄金時代にわたしたちの読書生活にいかなる変化が生じたかを、グローバルな規模で歴史的に論じるつもりだったとか。その構想を練る過程で、「日本」の読書の歴史をつかむことが問題として浮かび上がってきたのだという。

 本書はその言葉どおりに、「本はひとり黙って読む」ものであり、しかも「じぶんの部屋で」という習慣が、…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです