メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱砂のかなたに

ここからどこへ やまぬ戦禍、かなわぬ帰郷

乾いた大地が広がるアズラック難民キャンプで暮らす男の子。後方には居住用のコンテナが建ち並ぶ=ヨルダン・ザルカ県で、久保玲撮影

 <2016 世界子ども救援キャンペーン ~ヨルダンのシリア難民>

 2011年春から5年以上続くシリアの内戦で、空爆や迫害から逃れるため500万人近くが国外に逃れた。国境を越え、隣国ヨルダンにたどり着いた65万人のうち12万人ほどが「ザータリ」「アズラック」の二つの巨大な難民キャンプで暮らす。いずれも首都アンマンから車で1時間ほど。砂漠の真ん中に設営されたキャンプを歩くと、古里を追われた人たちの帰郷への強い願いを感じた。

 「この子には将来シリアに戻ってほしい。でも、何より大切なのは安全に暮らせること」。10月初旬、アズ…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文1033文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです