メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第1部 マンション漂流/4 人任せ、着服7億円

スキー場脇に建つリゾートマンション。管理組合で多額の着服が発覚し、再建への模索が続く=新潟県南魚沼市で、千脇康平撮影

 理事長が管理費や修繕積立金7億円を着服していた--。2014年11月下旬、リゾートマンション「ツインタワー石打」(新潟県南魚沼市)の管理組合の役員が東京のビルに集まった。当初伝えられた着服額は11億円。「そんなにも……」。役員たちは絶句した。

 バブル期の1990年に完成したマンションは全549戸。プールや体育館を備え、1億円前後の部屋が飛ぶように売れた。だが所有者の大半はスキーシーズンしか使わず、管理は任せきりだった。

 98年、当時の管理会社に修繕積立金の流用が発覚した。追及の先頭に立ったのは、所有者で公認会計士の男…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1191文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]