メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明日がみえますか

第1部 マンション漂流/4 人任せ、着服7億円

スキー場脇に建つリゾートマンション。管理組合で多額の着服が発覚し、再建への模索が続く=新潟県南魚沼市で、千脇康平撮影

 理事長が管理費や修繕積立金7億円を着服していた--。2014年11月下旬、リゾートマンション「ツインタワー石打」(新潟県南魚沼市)の管理組合の役員が東京のビルに集まった。当初伝えられた着服額は11億円。「そんなにも……」。役員たちは絶句した。

 バブル期の1990年に完成したマンションは全549戸。プールや体育館を備え、1億円前後の部屋が飛ぶように売れた。だが所有者の大半はスキーシーズンしか使わず、管理は任せきりだった。

 98年、当時の管理会社に修繕積立金の流用が発覚した。追及の先頭に立ったのは、所有者で公認会計士の男…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1191文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです