メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

過疎の町、特色ある学校模索 鹿児島・肝付に公立中高一貫校

全国から集まった生徒が学ぶ鹿児島県立楠隼中・高校。写真は中学2年の社会の授業風景=鹿児島県肝付町で

 生徒数の減少に悩む過疎地の公立高校が、特色ある取り組みで全国から生徒を集める動きが広がっている。観光や伝統工芸など地域の特徴を生かした授業や、きめ細かな進学指導などをアピールし、都会の生徒や保護者を引きつける。難関大への進学を目標に掲げ、全国初の全寮制公立中高一貫男子校として昨春開校した鹿児島県肝付(きもつき)町の県立楠隼(なんしゅん)中学・高校(秋元達也校長)を訪ねた。

 楠隼中学・高校は旧高山(こうやま)高の校舎と敷地に約48億円で新たに寮などを整備し、新設校として開…

この記事は有料記事です。

残り1957文字(全文2195文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 吉川市 市長、職員の暴言謝罪 抗議受けALS患者に /埼玉
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです