メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「国民文学」の底力=酒井佐忠

 歴史ある歌誌「国民文学」を支えた歌人、千代國一の生誕100年記念の会が東京・麹町であった。<水ふかく沈む雪くれ蝋(ろう)のごと寂しき色のいくとき保つ>。千代の生地新潟に単身赴任した時の作。雪国では雪片もすぐには解けず寂しい色となって束(つか)の間の生を保っている。確かな把握による「写実」が、孤独の深さを象徴する歌。かと思えば晩年は、<生あらば天(あめ)の恵みとそこばくの歌を詠み足し吾に重ねむ>と歌ある豊かな生に自足した。

 「国民文学」は1914年、のちに毎日歌壇選者となる窪田空穂の責任編集で創刊され、小説や文芸評論、美…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  2. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  3. ロケ地カード 製作へ 宇都宮など北関東4市共同 /栃木
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです