メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・斉藤由貴

つれづれな日々に キラキラの17歳

=梅村直承撮影

 ものっすごく私的な話ではあるが(いつも私的な話しかしていないが)これを書いている11月18日は、うちの長女の誕生日だ。と、日付を書いた時点でこの徒草日記の締め切りをウン日過ぎていて、「そんな誕生日とかユーチョーなこと言ってる場合ですか、サイトーさん!!」という、担当女子の怒りマークが目に見えるようだが、それはさておき、長女は今日で17歳になった。17歳!! なんという甘美な響き。人生(特にオンナの)において、最も……うーん、なんというか、最も……な感じ(うまく言えないのでそれぞれの印象を当てはめてください)の年齢である。

     とにかく、なんか、キラキラしまくっている。17歳。私側から見れば、17年前の今日、私は「母親」になった。生まれたばかりの娘を飽くことなく眺めながら、大ゲサでなく、なるほど、生きるとはこういうことなのか、これが生きる意味と理由なのかと一人静かに涙を流した。それから、早、17年である。いつも思うことだが、本当に人生はあっという間である。大切な、本当にやりたいこと以外、やってる暇なんかない。その証拠に、ボヤボヤしてる間に長女はあれよあれよと17歳になってしまった。一生懸命やってきたつもり、と、無駄に時間を費やしてしまったのではないかとの後悔との間で、私の心はいつも揺れている。

     しかし今朝、私は大寝坊をして、次女にお弁当を持たせ、駅まで送るだけで精いっぱいの大車輪状態だった。駅からすっ飛んで家に戻ると、ちょうど長女が家を出るところで一瞬つかまえて(当然、長女のお弁当は作れていない)、「17歳のお誕生日おめでとう!!」と、伝えると、一瞬で花が開いたような笑顔になって、「おー、ありがとうー」と言ってくれた。父親と一緒に出るのでそのまま父親の車に乗り込み、ウインドーを下げて手を振る長女の“照れくさそうな”眠そうな笑顔を見送る。“幸せ”というカタチの可愛らしい生き物が、私をじっと見つめていた。=次回は1月23日掲載


     12月12日から横浜▽名古屋▽長崎▽大阪でディナーショー。24~25日、ニッポン放送「ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」のメインパーソナリティーを務める。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです