メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

関東大学リーグ 早大、初の連覇 得失点差で決定

【早大-日大】最終節で日大に勝利し、両手を上げて喜ぶ早大の選手たち=北山夏帆撮影

 アメリカンフットボールの関東大学リーグの最終節が27日、横浜スタジアムであり、早大が27-0で日大を破って2年連続4回目の優勝を決めた。

 全勝だった慶大が1敗だった法大に28-34で敗れ、早大が日大に勝って1敗を守ったことで早大、慶大、法大の3校が6勝1敗で並んだ。3校間の対戦成績はいずれも1勝1敗だったが、規定により得失点差が最も多かった早大の優勝となった。

 初の連覇を果たした早大は12月4日に全日本大学選手権・東日本代表決定戦(東京・アミノバイタルフィー…

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1308文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです