メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民・竹下氏「だいぶ環境整った」審議入りへ

 自民党の竹下亘国会対策委員長は27日、議員立法の「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)について「だいぶ環境は整ってきている」と述べ、今週中にも衆院で審議入りさせる意向を明らかにした。松江市内で記者団に語った。

     IR法案を巡っては、自民党が審議入りを求めているが、民進党は慎重姿勢を崩していない。民進党内の積極派が24日に推進議連を発足させたことから、自民側は「機運は高まった」(党幹部)と判断している。竹下氏は「できるかどうか分からないが、今国会で成立をさせたいという思いは持っている」とも述べた。【高橋恵子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. スペースワールド 閉園伝えるCMが話題 明るくアピール
    2. 那須雪崩8人死亡 一瞬で胸まで「景色も音も覚えてない」
    3. クローズアップ2017 雪崩8人死亡 訓練続行判断、なぜ
    4. この世界の片隅に 興収25億円突破 動員190万人
    5. てるみくらぶ 破産 格安ツアー、9万人影響 申込者落胆、弁済1%

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]