メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SPORTS×LIFE

ハンセン病患者、生き生き交流 東京の資料館で企画展開催

 東京都東村山市の国立ハンセン病資料館では12月27日まで、全国のハンセン病療養所でのスポーツ活動をテーマにした企画展「生きるための熱 スポーツにかける入所者たち」が開催されている。ハンセン病患者が活発にスポーツに取り組んでいた様子を知ることができる。

 同館によると、全国各地の療養所では1910(明治43)年ごろから運動会が開かれ、25(大正14)年前後には野球や卓球、相撲が行われるように…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. 東アジアサミット 南シナ海 米、妥協せず 副大統領、中国領土拡張「違法」
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです