メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフル

新潟・青森32万羽処分 鶏・アヒルにH5型

 新潟、青森両県は29日未明、毒性の強いH5型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出され、感染の疑いが濃厚になったとして、新潟県関川村の養鶏場の鶏約31万羽と、青森市の農場で飼育されている食用アヒル約1万6500羽の殺処分をそれぞれ開始した。殺処分後、12月初旬までに埋却処分する。国内での家畜の鳥インフルによる殺処分は昨年1月の佐賀県以来で、国の機関が行うウイルス検出の確定には数日かかる見通し。

 農林水産省によると、新潟の31万羽は一つの養鶏場での殺処分数としては過去最多規模。同省は29日、専…

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文826文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです