メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽玉手箱

服部克久/上 父、良一が求めた中国の「自由」=専門編集委員・川崎浩

 2007年10月1日の夕刻、中国・上海から南京に向かっていた服部克久は、蘇州で途中下車し、水の都の風を肌で感じていた。すると寒山寺の鐘が聞こえてきた。「うそのようでしょう。本当なんですよ」。南京で仲間と合流したその夜、服部は楽しそうに周囲に話した。西条八十の詞に父、良一がメロディーを付けた「蘇州夜曲」は、1940年の映画「支那の夜」のために作られた曲で、良一が最も好きな自作品であった。その最後のフレーズが「鐘が鳴ります/寒山寺」。その日は、良一が生きていれば、100歳の誕生日であった。

 服部克久は、良一がコロムビアに専属作曲家として迎えられた36(昭和11)年11月1日に生まれた。良…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1499文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです