メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年金制度改革関連法案

衆院可決 賃金下落で支給減

 賃金の下落に合わせて年金支給額を引き下げる新たなルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案は29日、衆院本会議で、自民、公明、日本維新の会の3党の賛成多数で可決された。民進、自由、社民の3党は退席、共産党は反対した。政府・与党は12月2日に参院で審議入りし、延長した14日までの国会会期内に成立させる方針だ。

 法案の柱は年金額の抑制で、賃金・物価に合わせてスライドさせる毎年の年金額改定について、2021年度…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文994文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏支持へ
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 国立病院機構 大分医療センターで死亡した女性遺族が提訴
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです