メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NECの新野隆社長=東京都港区の同社本社で、小川祐希撮影

AI事業の人材確保必要

 人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)など、IT分野は技術の発展が著しく、国際競争が激化している。4月に就任したNECの新野隆社長に、今後の事業戦略や見通しを聞いた。【小川祐希】

 --AI事業に力を入れていますね。

 ◆AIの時代が来ることは間違いない。研究開発に携わる人材を現在の600人から、2020年度までに1000人に増やしたい。

 監視システムに使う顔認証や指紋認証、群衆の動きの分析など当社はAIを活用した画像認識では世界一の技…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文917文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  4. 結婚 俳優の松田翔太さん、モデルの秋元梢さんと
  5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]