メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NECの新野隆社長=東京都港区の同社本社で、小川祐希撮影

AI事業の人材確保必要

 人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)など、IT分野は技術の発展が著しく、国際競争が激化している。4月に就任したNECの新野隆社長に、今後の事業戦略や見通しを聞いた。【小川祐希】

 --AI事業に力を入れていますね。

 ◆AIの時代が来ることは間違いない。研究開発に携わる人材を現在の600人から、2020年度までに1000人に増やしたい。

 監視システムに使う顔認証や指紋認証、群衆の動きの分析など当社はAIを活用した画像認識では世界一の技…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 新在留資格 送還拒否の一部の国を除外 法務省方針
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  5. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです