メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NECの新野隆社長=東京都港区の同社本社で、小川祐希撮影

AI事業の人材確保必要

 人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)など、IT分野は技術の発展が著しく、国際競争が激化している。4月に就任したNECの新野隆社長に、今後の事業戦略や見通しを聞いた。【小川祐希】

 --AI事業に力を入れていますね。

 ◆AIの時代が来ることは間違いない。研究開発に携わる人材を現在の600人から、2020年度までに1000人に増やしたい。

 監視システムに使う顔認証や指紋認証、群衆の動きの分析など当社はAIを活用した画像認識では世界一の技…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  4. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  5. 台風20号 あす西日本接近

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです