メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする?長時間労働

/下 トップ主導で削減成功

ノー残業を徹底するようになり、出産する社員も増えたというランクアップ。正面が岩崎社長=東京都中央区で

 長時間労働をやめるのは難しいが、業績を伸ばしながら労働時間の削減に成功したケースもある。連載の最終回は、先行企業の取り組み事例から解決策を探りたい。

 ●上司も連帯責任

 「ぜひ、ご家族の皆様におかれましても、記念日やお子様の学校行事等の際に、積極的に有給休暇を活用されるようお声がけください」

 IT企業SCSKで2013年3月、社員の家族宛てに中井戸信英社長(当時)から4枚の手紙が届けられた。SCSKは翌月から「健康経営」を掲げ、月平均の残業時間20時間▽有給休暇を100%20日間取得--を目標に働き方改革に取り組んでいる。深夜勤務が当たり前だったが、昨年度の平均残業時間は月18時間まで減った。

 24時間365日システムが稼働しているIT業界は、長時間労働が常態化している。「残業を減らそう」と…

この記事は有料記事です。

残り1558文字(全文1908文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです