メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうする?長時間労働

/下 トップ主導で削減成功 白河桃子・相模女子大客員教授 働き方改革実現会議民間議員

上限規制へ世論形成を

 長時間労働は未婚や少子化の要因になっている。企業へのアンケート調査では、政府による労働時間抑制の旗振りを求めている企業が9割に上るという結果が出た。労働時間の上限規制は先進国では「健康を守る」ために当然のこと。日本と国民性が似ていると言われるドイツでは、1日10時間を超えて労働者を働かせた場合、管理職が罰金を払うこともある。労…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです