メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有識者会議

退位、専門家の賛否拮抗…計16人の聴取終了

天皇の公務負担軽減等に関する有識者会議で意見聴取に臨む百地章・国士舘大院客員教授(中央)。左から3人目は座長の今井敬経団連名誉会長=首相官邸で2016年11月30日午前9時37分、佐々木順一撮影

 天皇陛下の退位に関する安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は30日午前、首相官邸で第5回会合を開いた。憲法の専門家5人を招いて3回目のヒアリングを実施し、計3回で16人におよぶヒアリングを終了した。退位に賛成8人、反対6人、慎重2人と見解が分かれ、最終的に賛否が拮抗(きっこう)した。【野口武則】

 政府が検討する今回に限り退位を認める特別立法を容認したのは6人だった。今後は有識者会議の委員が専門…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです