メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縄文ロマンの集い

神代文字「漢字以前」に思いはせ 150人参加 高島 /滋賀

展示された「秀真政伝記」の一部。左頁にカタカナ付きのヲシテ文字と漢文訳が交互に書かれている=滋賀県高島市で、塚原和俊撮影

 漢字が渡来する以前に成立した古代日本の物語と主張され、神代(じんだい)文字の一種で書かれた文書「ホツマツタヱ」の民間研究者や愛好者らがこのほど、現存最古の写本「秀真政伝紀(ほつませいでんき)」が残る高島市で「再発見50高島 ホツマツタヱ 縄文ロマンの集い」を開いた。講演やトークセッションなどがあり、地元や関西、東京などから参加した約150人がはるか昔の世界に想像を巡らせていた。

 実行委によると、「ホツマツタヱ」は「ヲシテ」と呼ばれる図案のような文字で伝わる。現代のあいうえお表…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  3. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  4. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判
  5. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです