メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農業改革を問う

金融事業、課題残る 宮城大食産業学部・川村保教授

 JAグループは「農業」の看板を掲げているが、農家のための組織になろうとしているのか分からない。それを端的に示すのが、地域農協が組合員の貯金を集めるなどしている金融事業で、目的があいまいなまま農業者ではない「准組合員」からも貯金を集めていること。JAグループは誰のための組織なのかを明確にする必要があるのに避けている。

 しかし今回政府が決定した農業改革方針では、規制改革推進会議案にあった「地域農協の金融事業を3年で半…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1088文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです