メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民泊

慢性宿不足解消に期待 福岡市で条例施行

民泊の営業許可を申請する宿泊業者(左)=福岡市博多区で2016年12月1日午前9時5分、津村豊和撮影

 共同住宅などでの「民泊」を許可する福岡市の改正旅館業法施行条例が1日施行された。営業許可申請の受け付けも始まり、市内の宿泊業者が申請した。条例は国の「簡易宿所」の規制緩和を受けたもので、条件付きでフロント(帳場)を不要とした。福岡市は条例で民泊への参入を促し、深刻化するホテル不足の解消につなげたい考え。市内にはマンションなどでの無許可民泊も多く、条例で適正化を図る狙いもある。【合田月美、青木絵美】

 条例や細則では、10分以内で駆け付けられる場所に管理事務所を置けばフロントは不要とした。建築基準法…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  5. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです