メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農業改革を問う

二極分化を懸念 資源・食糧問題研究所 柴田明夫代表

柴田明夫代表

 政府が決定した農業改革プランは理路整然とはしているが、「全体を見ていない」という意味で間違っている気がしてならない。改革が進めば、農業が強くなる部分と弱ってくる部分が二極分化していくのではないか。農業も合理化し、生産性を上げる部分があっていい。しかしそれを一般化してしまうと、合理化できない農家は「市場競争に負けた」として切り捨てられかねない。日本の農業は多様な担い手がいて、そのことが国土の保全に役立っていることを忘れてはならない。

 今回の改革の議論では、農産物の販売や生産資材の供給などを担う全国農業協同組合連合会(JA全農)に焦…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文951文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]