メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農業改革を問う

二極分化を懸念 資源・食糧問題研究所 柴田明夫代表

柴田明夫代表

 政府が決定した農業改革プランは理路整然とはしているが、「全体を見ていない」という意味で間違っている気がしてならない。改革が進めば、農業が強くなる部分と弱ってくる部分が二極分化していくのではないか。農業も合理化し、生産性を上げる部分があっていい。しかしそれを一般化してしまうと、合理化できない農家は「市場競争に負けた」として切り捨てられかねない。日本の農業は多様な担い手がいて、そのことが国土の保全に役立っていることを忘れてはならない。

 今回の改革の議論では、農産物の販売や生産資材の供給などを担う全国農業協同組合連合会(JA全農)に焦…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文951文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  4. 高齢夫婦殺傷 殺人未遂容疑で15歳孫逮捕 埼玉県警
  5. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです