メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農業改革を問う

二極分化を懸念 資源・食糧問題研究所 柴田明夫代表

柴田明夫代表

 政府が決定した農業改革プランは理路整然とはしているが、「全体を見ていない」という意味で間違っている気がしてならない。改革が進めば、農業が強くなる部分と弱ってくる部分が二極分化していくのではないか。農業も合理化し、生産性を上げる部分があっていい。しかしそれを一般化してしまうと、合理化できない農家は「市場競争に負けた」として切り捨てられかねない。日本の農業は多様な担い手がいて、そのことが国土の保全に役立っていることを忘れてはならない。

 今回の改革の議論では、農産物の販売や生産資材の供給などを担う全国農業協同組合連合会(JA全農)に焦…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです