メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2023年宇宙の旅

1400万円で HIS、ANA出資 社員4人ベンチャーが挑戦

2023年末の商業運航開始を目指す輸送機のイメージ図=PDエアロスペース提供

 有人宇宙飛行機開発に取り組むベンチャー「PDエアロスペース」(名古屋市、緒川修治社長)は1日、2023年末の宇宙旅行実現を目指し、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)とANAホールディングスから計約5000万円の出資を受けたと発表した。

 PD社が特許を持つ新型エンジンを搭載した8人乗り(乗客6人、乗員2人)の機体を開発する。試作機を無人で高度100キロの宇宙に到達させる実験を18年に、人を乗せ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2、リュウグウ着陸成功 データ確認で管制室に歓声
  2. はやぶさ2試料採取の意義とは 新たな太陽系のなぞを探る「0.1グラム」
  3. ボクシング 福岡連盟、山根氏一声で除名解除 「女性に暴力」処分監督
  4. はやぶさ2 「着陸成功に自信」 難敵リュウグウ「攻略法」はどう編み出したのか
  5. はやぶさ2 まもなく着陸「探査機すべて問題なし」JAXA最終判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです