メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

見守りロボ 障害者にも便利 /東京

 パソコンやスマートフォンがなくても、家の中から外出先の家族とインターネットを介して声のメッセージのやりとりができるコミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」。留守番中の子どもや、離れて暮らす高齢者の見守りなどを想定した製品だが、声を変換してスマートフォンに文字で表示する機能もあり、視覚、聴覚障害者も日常生活で活用できそうだ。

 家電製品を遠隔操作するIoT技術やロボットの開発を手掛けるベンチャー企業「ユカイ工学」が昨年発売。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです