メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

見守りロボ 障害者にも便利 /東京

 パソコンやスマートフォンがなくても、家の中から外出先の家族とインターネットを介して声のメッセージのやりとりができるコミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」。留守番中の子どもや、離れて暮らす高齢者の見守りなどを想定した製品だが、声を変換してスマートフォンに文字で表示する機能もあり、視覚、聴覚障害者も日常生活で活用できそうだ。

 家電製品を遠隔操作するIoT技術やロボットの開発を手掛けるベンチャー企業「ユカイ工学」が昨年発売。…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文857文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです