メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホロコースト展

開幕 杉原千畝の決断紹介 沼津で11日まで /静岡

ホロコースト展を見学する人々。手前は強制収容所で使用された囚人服。肩に囚人番号が縫い付けられてある

 ユダヤ人迫害と杉原千畝の決断を紹介する「勇気の証言-ホロコースト展」が2日、沼津市大手町のプラサヴェルデで始まった。オープニングで、杉原の長男夫人、杉原美智さんらがテープカット。強制収容所で使われた囚人服や、杉原の発行したビザ(複製)などを見学者が見入った。無料。11日まで。

 1939年のドイツのポーランド侵攻で、多くのユダヤ人が隣のリトアニ…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  4. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴
  5. 時の足音 オウム処刑と天皇制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]