メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

椛川ダム

打設式 工事が本格化 予備調査開始25年 /香川

バケットから型枠の中へ流し込まれるコンクリート=高松市塩江町安原上東の椛川ダム建設現場で、植松晃一撮影

 高松市塩江町安原上東を流れる香東川支流の椛(かば)川のダム建設現場で2日、ダム本体のコンクリートを初めて流し込む打設式があった。県が整備を進めている椛川ダムは、堤の高さや総貯水容量が県内最大級。民主党政権時に必要性について再検討するという経緯もたどったが、1991年の予備調査開始から25年を経て、本体工事が本格化する。【植松晃一】

 式典は、工事を担当する大成建設(東京都)など3社からなる共同企業体(JV)が実施。JVの関係者や県…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文773文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです