メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

天羽英二 戦時下の外交官 徳島出身、モラエスに興味 /徳島

 天羽英二(あもうえいじ)(1887~1968年)外交官、徳島県出身。

 1912(明治45)年、東京高等商業学校(現一橋大)領事科卒業。外交官・領事官試験に合格し、外務省へ入省。

 第一次世界大戦後、ベルサイユ平和条約委員、ワシントン会議全権随員として参加。その後、広東総領事、ハルビン総領事、北京公使館1等書記官、ソ連大使館参事官を経て、33(昭和8)年に外務省情報部長に就任。34年、東亜の秩序に対する日本単独責任を強調した「天羽声明」を発表…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 「AKB48」の握手会 はしか感染の男性参加 6日、大阪で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです