メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

デザイナー・松居エリさん(その1) 科学するドレス

心の支えとなったドレスをまとう川瀬亜沙華さん(中央右)と、記念撮影に臨む松居エリさん(左端)=東京都台東区で、内藤絵美撮影

 11月下旬、色とりどりの落ち葉が歩道に敷き詰められた東京・上野公園で、華やかなドレスをまとった川瀬亜沙華(あさか)さん(25)が、夫(26)と1歳になったばかりの長男と記念撮影に臨んだ。結婚式で着たドレスに袖を通したのは1年半ぶり。この間の歩みを思い返し、涙がこみ上げた。「私にとってドレスが支え。感無量です」。その姿を、ドレスを作ったファッションデザイナー、松居エリさん(64)は温かく見守っていた。

 川瀬さんの背を「また頑張ろう」と押してくれたのがドレスだった。手にするきっかけは2013年、「落ち…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文855文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです