メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

達医

糖尿病 生活見直す機会 門脇孝・東京大教授(糖尿病・代謝内科学)

東京大病院食堂で提供している糖質40%の食事。メニューは麦ご飯(130グラム)、サケ(100グラム)のムニエル、ニンジン甘煮とソテー、油揚げと大根の煮合わせ、梅肉あえ、トマト=東京大病院提供

 糖尿病は患者とその予備群が合計2000万人以上と推計される国民病だ。日本人は、糖を分解するために働くホルモン「インスリン」の分泌量が欧米人よりも少なく、戦後の生活習慣の変化によってインスリンが十分に働かない人が増えている。予防には食生活の見直しと運動が有効だ。それらのポイントを門脇孝・東京大教授(糖尿病・代謝内科学)に聞いた。【高野聡】

この記事は有料記事です。

残り2198文字(全文2368文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. 注目裁判・話題の会見 東名あおり、懲役18年 「強固な犯意に基づく執拗な犯行」 判決要旨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです