メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こころの天気図

お酒が招く精神不調=東京大教授、精神科医 佐々木司

お酒に注意!

 パニック症の患者さんに、一年のうち何月が最も具合が悪いかをアンケートしたことがある。もともとパニック症では気候の変化、特に梅雨時や夏場のモアッとした暑さに弱い人が多い。案の定、6~8月は悪く、秋冬は快調との答えが多かった。ただし、秋冬のうち12月だけは例外だった。理由は単純、忘年会だ。年末の忙しさに、忘年会の飲酒が輪をかけて症状を悪化させる。

 飲酒と不調の関係はパニック症に限らない。うつ病など他の病気の人はもちろん、精神不調とは無関係と思い…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文985文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです