メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近江酒蔵巡り

隠れたる「宝庫」をゆく/27 藤本酒造 神が開いた酒造りの道 /滋賀

「神開」を手に「とにかくうまい」と語る藤井輝男さん=京都市中京区の津之喜酒舗で、山本直撮影

 「だまされたと思って飲んでくれ。そして覚えてくれ。必ず世に出る酒だから」--。国内外の観光客でごった返す京都・錦市場。その真ん中で200年前から続く酒販店「津之喜酒舗」の店主、藤井輝男さん(50)が取引先に「神開(しんかい)」を勧める時の決めゼリフだ。

 全国の地酒が並ぶ店内を見回すと、藤本酒造の「神開」は、滋賀から一足早く全国に知られた「松の司」や「七本鎗(しちほんやり)」「不老泉(ふろうせん)」と並んで目立つ位置を占めていた。「とにかく、うまい。それに、この蔵は打てば響く。全部買うからうちのために一タンク造ってくれ、と言いたくなる」。藤井さんの言葉に一層力がこもった。

 藤本酒造は江戸時代中期の創業で、家督についての古文書も多く残る。当初は「宝一(たからいち)」という…

この記事は有料記事です。

残り1351文字(全文1690文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]