メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプショック

私はこう見る 反支配層の動き拡大 ブリュッセル自由大学准教授(欧州政治) エミリー・ファン・ハウト氏

 トランプ次期米大統領という「不確実性」に向き合う欧州の指導者たちは、温かく迎えようとする立場と用心深く構える立場で、現時点で二分される。英国のジョンソン外相は、トランプ氏を「交渉をまとめられる人物だ」と評価した。英国は欧州連合(EU)離脱を決めて孤立している。EU離脱を巡って米国との絆を強めておきたいとの意向があるのは明白だ。

 一方でEUにとっては、何が起こるか分からない恐怖感がある。ユンケル欧州委員長は米大統領選後、「トラ…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文582文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  2. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  3. 食中毒 修学旅行生ら入院 長崎市の料理店からノロ検出
  4. 競馬 日本ダービー、5番人気・ワグネリアンが優勝
  5. 水路転落訴訟 金沢で市など相手に相次ぐ 「景観」か「安全重視」か /石川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]