メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タクシー突入

「60メートル手前から急加速」証言も

松岡容疑者の走行ルート

左側にクランク そのまま市道300メートル直進

 福岡市博多区の原三信(はらさんしん)病院にタクシーが突っ込み10人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕された松岡龍生容疑者(64)が病院の南東から市道を約300メートル直進し、事故を起こしたとみられることが捜査関係者への取材で分かった。現場の約60メートル手前から急加速したとの目撃情報もあり、現場にブレーキ痕はなかった。福岡県警はドライブレコーダーなどから当時の走行状況を解析し、運転ミスと車両の不具合の両面から事故原因を調べている。

 捜査関係者によると、松岡容疑者は「事故前に近くの公園のトイレに立ち寄ってから病院方面に向かった」と供述しているという。このため松岡容疑者は同市博多区下呉服町の浜口公園から北西の病院方向に向かって市道を約300メートル直進したとみられる。この市道は病院東館の前で左側にクランクしているが、タクシーは曲がることなくそのまま東館手前の道路標識などに衝突した後、ガラスを突き破って東館1階ラウンジ内に突っ込んだ。

 松岡容疑者は「ブレーキを踏んだが車が止まらなかった」と供述しているというが、事故を目撃した近くの住民は「松岡容疑者のタクシーは病院の手前約60メートルにある交差点のあたりから急加速したように見えた」と証言している。県警はアクセルとブレーキの踏み間違えなど運転ミスや車両の不具合の可能性があるとみて、ドライブレコーダーや付近の防犯カメラなどから詳しい状況を調べている。

 県警によると、事故は3日午後5時ごろ発生。ラウンジ内にいたとみられる同市博多区豊1、無職、花田盛幸さん(44)と妻の会社員、美佐代さん(44)、同区東比恵4、無職、遠藤一行さん(53)の3人が死亡した他、20代女性が意識不明の重体となり、男女6人が軽傷を負った。【佐野格、平川昌範】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  4. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に
  5. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]