メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメフット

甲子園ボウルは東の早大、西の関学大の対戦に

【早大-東北大】第2クオーター、早大QB笹木(左)が相手ディフェンスを振り切ってファーストダウンを奪う=東京・アミノバイタルフィールドで2016年12月4日、長谷川直亮撮影

 アメリカンフットボールの全日本大学選手権は4日、東京・アミノバイタルフィールドで東日本代表決定戦、大阪・万博記念競技場で西日本代表決定戦がそれぞれ行われ、東日本は早大(関東)、西日本は関学大(関西1位)が勝ち、18日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開かれる同選手権決勝「三菱電機杯 第71回毎日甲子園ボウル」(毎日新聞社、日本学生アメリカンフットボール協会主催、三菱電機特別協賛)への出場を決めた。早大は2年連続4回目、関学大は2年ぶり50回目の出場で、両校の対戦は初。関学大は自校の持つ最多出場記録を更新した。

 早大は東北大(東北)に47-2で完勝し、関学大は前回王者の立命大(関西2位)に26-17で競り勝っ…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1252文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 羽生の後でも乱れず チェン、圧巻の世界最高得点で2連覇
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  5. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです