メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎・演劇

この1年 二つの大襲名/社会問う作品

 今年の歌舞伎界では、昭和から平成にかけて活躍した俳優の名跡を子が継承する五代目中村雀右衛門、八代目中村芝翫の、二つの大襲名があった。

 雀右衛門は「鎌倉三代記」の時姫、「金閣寺」の雪姫、芝翫は「熊谷陣屋」の熊谷直実、「盛綱陣屋」の佐々木盛綱など、古典演目に挑み、成果を上げた。八代目芝翫の3人の子も橋之助、福之助、歌之助を父と同時襲名した。

 東京の国立劇場は開場50周年を記念し、「仮名手本忠臣蔵」を歌舞伎では10月から3カ月連続で、文楽で…

この記事は有料記事です。

残り1203文字(全文1423文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  2. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念
  3. アメフット 「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示
  4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  5. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]