メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レジなしコンビニ開店…アプリで決済、米で来年

 【ワシントン清水憲司】米ネット通販大手アマゾンは5日、会計のためのレジを置かないコンビニエンスストア「アマゾンGO」を来年初めに米国でオープンすると発表した。センサーや人工知能(AI)を駆使して来店客が選んだ商品を把握し、スマートフォンのアプリを通じて自動的に会計ができるようにする。

     牛乳などの生鮮食品のほか、パンや、簡単に調理して食べられる食品を販売する予定。すでに米西部シアトルで、従業員を対象にレジ無し店舗の実験を開始。米メディアによると、米国内で2000店を展開する可能性もあるという。

     来店客は「アマゾンGO」のアプリを起動させたスマートフォンを端末にかざして、自動改札のような入り口から入店する。棚から商品を取ると、センサーが検知してアプリ内の「買い物かご」に入れたことになり、店を出た後にアマゾンに登録したクレジットカードで代金が決済される。

     一度手にとった商品を棚に戻せば、「かご」から自動的に削除される。来店客はレジで行列したり、現金を支払ったりする必要がなく、スムーズに買い物ができる。

     アマゾンは昨年から、シアトルや米西部カリフォルニア州などで実物の書店を開店。市場が大きい日用品や食品販売の拡大も狙っている。ただ、店舗にはレジ係の従業員が不要になるため、「雇用が減少する」との懸念も呼びそうだ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 麻生財務相 離党届の豊田氏「あれ女性です」 派閥会合で
    2. クローズアップ2017 「人質外交」いらだつ米 学生、解放後死亡 北朝鮮拷問か、怒り渦巻く
    3. 北朝鮮 正恩氏写真掲載新聞で靴包み拘束か 死亡米大学生
    4. 欅坂46 握手会で刃物所持 男を逮捕 千葉・幕張メッセ
    5. 性暴力の現場で 兄から虐待 親の反対で被害訴えず 群馬

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]