メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レジなしコンビニ開店…アプリで決済、米で来年

 【ワシントン清水憲司】米ネット通販大手アマゾンは5日、会計のためのレジを置かないコンビニエンスストア「アマゾンGO」を来年初めに米国でオープンすると発表した。センサーや人工知能(AI)を駆使して来店客が選んだ商品を把握し、スマートフォンのアプリを通じて自動的に会計ができるようにする。

     牛乳などの生鮮食品のほか、パンや、簡単に調理して食べられる食品を販売する予定。すでに米西部シアトルで、従業員を対象にレジ無し店舗の実験を開始。米メディアによると、米国内で2000店を展開する可能性もあるという。

     来店客は「アマゾンGO」のアプリを起動させたスマートフォンを端末にかざして、自動改札のような入り口から入店する。棚から商品を取ると、センサーが検知してアプリ内の「買い物かご」に入れたことになり、店を出た後にアマゾンに登録したクレジットカードで代金が決済される。

     一度手にとった商品を棚に戻せば、「かご」から自動的に削除される。来店客はレジで行列したり、現金を支払ったりする必要がなく、スムーズに買い物ができる。

     アマゾンは昨年から、シアトルや米西部カリフォルニア州などで実物の書店を開店。市場が大きい日用品や食品販売の拡大も狙っている。ただ、店舗にはレジ係の従業員が不要になるため、「雇用が減少する」との懸念も呼びそうだ。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女子ゴルフ セキ・ユウティン22位 福井生まれ中国美女にギャラリー熱視線(スポニチ)
    2. 川の事故 大阪で中3男子不明 柏原・大和川
    3. 福岡・福智町長 違法売却、難色の課長排除 早期手続狙い
    4. ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ/中 「最高」支えるキャスト /東京
    5. トランプ米大統領 バノン首席戦略官を解任

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]