メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊野灘

大型ホオジロザメを捕獲 重機で水揚げ

鵜殿港に水揚げされたホオジロザメ=紀宝町鵜殿で2016年12月6日、汐崎信之撮影

 三重県御浜町阿田和沖4キロの熊野灘で6日、定置網に大型のホオジロザメがかかっているのが見つかった。網を所有する阿田和大敷漁業生産組合(古川正和組合長)によると、全長約5メートル、重さ1.5トンの大物。太地町立くじらの博物館(和歌山県)は「熊野灘で5メートル級がかかるのは珍しい」と話している。

 ホオジロザメはネズミザメ科の軟骨魚。温帯や熱帯に多く生息し、…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  5. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]