メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育労働相談

8割に違法疑い 賃金未払い、休憩取れず

 保育や介護現場の労働環境の改善を目指して6月に結成された労働組合「介護・保育ユニオン」は6日、これまで受けた電話相談で、賃金未払いや休憩が取れないなどの労働基準法違反が疑われる事例が8割に上ったと発表した。6割が30代以下からの相談で、ユニオンは「若手保育士の労働環境の改善が急がれる」と指摘する。

 相談は保育現場で働く人を対象に11月末まで実施。86件の電話があり、訴えで最も多かったのが賃金未払い(64件)。休憩が取れない(53件)▽パワハラ・いじめ(20件)▽有給休暇が取れない(14件)--…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです