メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

言葉と語感の問題=近藤勝重

 この1年、歩きながら風景を眺めてきた。朝と夕はよほどのことがない限りそうしてきた。何か感じることがあれば、足を止めてメモし、また歩き出す。そんなことを日々に重ねてきた。そして今さらのように思ったのはこんなことだ。

 四季の移ろいが、趣や美とともにぼくらにどれほど多くの言葉をもたらしてくれたことか--。小林秀雄氏がこんなことを言っている。

 「人間の力でどうしようもない自然の美しさがなければ、どうして自然を模倣する芸術の美しさがありましょ…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  3. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  4. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」
  5. プロ野球 中日・松坂、開幕は絶望的

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです