メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプショック

私はこう見る 米露の緊張、緩和模索も ロシアの政治ジャーナリスト ミハイル・ズィガリ氏

 米国のドナルド・トランプ次期大統領は、(プーチン氏と親しい)イタリアのベルルスコーニ元首相と似た印象を与える。ロシアをいらだたせることはせず、人権や価値観についてうるさく言わないような人物だ。

 ロシアは「地球上にはどんな普遍の価値観もなく、真の民主主義など存在せず、世界中の政治家は腐敗している」といったプロパガンダ(政治宣伝)を繰り広げている。プーチン氏はこれを世の真実とみなしている。トランプ氏はこの面においてぴったりの…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです