メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプショック

私はこう見る 米露の緊張、緩和模索も ロシアの政治ジャーナリスト ミハイル・ズィガリ氏

 米国のドナルド・トランプ次期大統領は、(プーチン氏と親しい)イタリアのベルルスコーニ元首相と似た印象を与える。ロシアをいらだたせることはせず、人権や価値観についてうるさく言わないような人物だ。

 ロシアは「地球上にはどんな普遍の価値観もなく、真の民主主義など存在せず、世界中の政治家は腐敗している」といったプロパガンダ(政治宣伝)を繰り広げている。プーチン氏はこれを世の真実とみなしている。トランプ氏はこの面においてぴったりの…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]