メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

塔体にXマスツリー“出現” 初の“直接”プロジェクションマッピング

10日から行われる東京スカイツリーのプロジェクションマッピング

 東京スカイツリータウン(東京都墨田区)は、クリスマスイベントの一環として、東京スカイツリーの塔体をスクリーンに見立てたプロジェクションマッピングを10日から実施する。これまでは商業施設の壁面などに投影していたが、塔体に映像を投影するのは今回が初めて。同イベント開始に先駆け、8日、プレスプレビューが行われ、大迫力の光のショーがお披露目された。

 今回のプロジェクションマッピングは、塔体下部(高さ約120メートル部分)をスクリーンに見立て、複雑な塔体の構造を生かして迫力ある映像を投影。約8分間のプログラムで、きらめくステンドグラスや、色とりどりのチョウたちが舞う映像、多数の魚が泳ぐ映像などが映し出された後、光り輝くクリスマスツリーが出現したり、イルミネーションのような黄金色の粒子がきらめく美しい映像が投影され、同所のクリスマスを華やかに彩る。

 映像制作は、建立120周年記念イベントで、フランスのエッフェル塔にプロジェクションマッピングを投影したクリエーティブグループ「COSMO AV」が担当。使用するプロジェクターは合計14台という。25日までの間、午後5時半から午後8時まで30分おきに1日6回上映する。

 同所のクリスマスイベントは「東京スカイツリータウン ドリームクリスマス2016」と題し、25日まで開催。東京スカイツリーを“世界一高い”クリスマスツリーに見立てた限定ライティングや、東京スカイツリータウン内各所を約40万球のLEDで装飾するキャンドルカラーイルミネーションなどが楽しめる。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 謎の穴 落雷?隕石落下?…麦畑にぽっかり 青森・つがる
  2. デジタル iPhoneの充電が面倒な人にはコレ! 置くだけで充電できるワイヤレス充電器「XVIDA」(GetNavi web)
  3. 東芝 半導体事業 2兆円以上の応札も 入札締め切りに10社
  4. 那須雪崩 「経験則」から慢心…歩行訓練、3教諭で決断
  5. 川崎宗則 カ軍契約解除で…「日本も韓国も台湾も」選択肢(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]