メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弾劾案否決なら野党議員辞職 与党側へ圧力

 【ソウル大貫智子】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する9日の弾劾訴追案採決を前に、野党側は8日午前、弾劾案が否決された場合、所属議員全員が辞職すると表明した。政界では可決の公算は大きいと見られているが、与党内では2014年の客船セウォル号事故対応まで弾劾案に盛り込まれたことに難色を示す議員もいるため、弾劾可決に向けた決意をアピールし、与党側への圧力を強めた格好だ。

 最大野党「共に民主党」の禹相虎(ウ・サンホ)院内代表は8日午前の議員総会冒頭、「本日、院内対策会議で議論した結果、(党所属)国会議員全員が国会議員の辞表を書くのが適当だということで意見が一致した」と述べ、辞表提出を提案。弾劾案が否決された場合、朴氏の退陣を求める世論に反するとして、政治的責任を取るという内容だ。共に民主党は議員総会でこれを党論と決定し、所属議員からの署名集めを始めた。第2野党「国民の党」も同日、弾劾案が否決された場合、党所属議員が全員辞職すると決めた。

 一方、弾劾案可決のカギを握る与党セヌリ党の非主流派は7日、野党側に弾劾案からのセウォル号事故に関する記述の削除を求めていたが、禹氏は8日、「修正についてはこれ以上検討しないことを決めた」と述べ、原案通り採決に臨む方針を決定。セウォル号事故対応をめぐっては国民の批判が非常に強いため、削除しなくても与党側からの賛同が得られると判断したようだ。

 弾劾案は8日午後の本会議で報告され、9日に採決される予定。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛媛大 別の教員もセクハラ行為か 学生が苦情
  2. 夏の高校野球 NHKが生中継できず 中村の本塁打瞬間
  3. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 
  4. 停電 大阪・吹田市などで一時3万4千軒 信号機も消える
  5. 花氷 色とりどり、涼しさひときわ 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]