メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか北方領土

混住時代/中 日本に主権があれば 択捉島出身・山本昭平さん(88) /北海道

冤罪、放火で出頭命令

 択捉島北端に近い蘂取(しべとろ)村に住んでいた山本昭平さん(88)=埼玉県行田市=一家は1946年5月、ソ連軍のドクトル(軍医)と同居することになった。ジョージア出身の栃ノ心関のような顔付きの背の高い紳士で、年齢は20代半ばだった。

 父は前年に亡くなっていた。物資を調達するため、根室におり、空襲に遭ったのだ。山本さんは島に戻り、一家の大黒柱として母と妹弟7人を支えていた。最初は言葉も通じず、身ぶり手ぶりと表情でコミュニケーションを取った。

 ドクトルとの同居で、山本さんのロシア語はメキメキと上達した。ある晩、ドクトルが言った。「あと10~…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文1009文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 日大悪質タックル事件 ここにもなぜか同じ腐臭
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. 春日部駅 高架化 来年度着工へ 完了まで10年、10踏切廃止 /埼玉
  4. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  5. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]