メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

道内2例目 高病原性、北見のハクチョウ

 環境省は8日、北海道北見市常呂町の海岸で回収されたオオハクチョウの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。道内での感染確認は今季2例目。道によると死骸は2日に見つかり、簡易検査でA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たため北海道大で確定検査をしていた。道は発見場所から半径10キロ以内の農場4カ所の監視を強化する。

 さらに8日夕方には約2~3キロ離れたところで別のオオハクチョウの死骸が見つかり、オホーツク総合振興…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  3. 宮内庁 永久保存の公文書1冊が所在不明
  4. プレスリリース ジャイアントパンダの赤ちゃん(2日齢) 母親「良浜(らうひん)」からの授乳を確認できました(共同通信PRワイヤー)
  5. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです