メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

道内2例目 高病原性、北見のハクチョウ

 環境省は8日、北海道北見市常呂町の海岸で回収されたオオハクチョウの死骸から、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。道内での感染確認は今季2例目。道によると死骸は2日に見つかり、簡易検査でA型鳥インフルエンザの陽性反応が出たため北海道大で確定検査をしていた。道は発見場所から半径10キロ以内の農場4カ所の監視を強化する。

 さらに8日夕方には約2~3キロ離れたところで別のオオハクチョウの死骸が見つかり、オホーツク総合振興…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文444文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]