メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンエアの裏側

MBS「お天気部」広瀬駿キャスター 生活情報交え幅広く

机で天気図を見つめる広瀬駿キャスター=大阪市北区の毎日放送で、屋代尚則撮影

 毎日放送(MBS)は今年9月、在阪局初となる気象予報業務の実施許可を気象庁から受けた。近畿地方などを対象に、気象庁のデータだけでなく、MBSが独自に調べた予報を番組で放送できるようになった。同社は「『天気』をコンテンツにしたビジネス展開の可能性も広がる」と今後に期待を込める。

 同社気象情報部(通称・お天気部)のお天気キャスターとして10月からテレビ出演する気象予報士、広瀬駿(27)も、その一翼を担う。情報番組「ちちんぷいぷい」(月~金曜午後1時55分)やニュース番組「VOICE」(同6時15分)などのお天気コーナーで披露する、丁寧で柔らかい語り口が視聴者に人気だ。出演時間は1回のコーナーで1~5分ほどだが、準備にかける時間ははるかに長い。

 午前中に出社し、机に向かって天気図などの資料を調べる。「ぷいぷい」のお天気コーナーの構成案を提出し…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文888文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はしか、近畿で急増 患者数の約7割が6府県と三重
  2. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  3. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  4. 教義でワクチン非接種 宗教団体ではしか集団感染、拡大か
  5. JOC橋本聖子副会長が池江璃花子選手に言及「神様が体使って、伝えてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです